【ラヨーン】娯楽がない!

2012年11月9日
職場の日本人社員Aとの会話 ()内は、僕の心の声です。
A「Tommyさんは、バンコクにいらしたんですか?」
僕「そうですよ。」
A「バンコクから来た人は、壊れる人多いんだよね。」
僕「ははは、この辺、娯楽がないですもんね。」(俺にはあるけど。。。)
A;「何もないです。」
僕;「タイ語が少しでも話せて、タイ歌を歌えたら、ローカルカラオケでも遊べるんですけどね」(覚えろよ!世界が広がるから。)
A;「はあ、一度行ったんですが、オバちゃんばかりでした。」
僕;「そりゃ、残念でしたね。」(ソムナムナー、俺は、今夜、カワイコちゃんの歌と踊りを楽しんでくるからさ。キキキ)

つくづくルークトゥンファンでよかったと思いました。
まあ、スティリングでもよさそうなものだが、そうじゃないんだな。
ルークトゥンなら、地方でも充実してますが、スティリングはね。
来ないのよ。地方の村祭りとかには。

今夜は、ブルーベリー。ボーウィンの市場です。
迷うかと思ったが、あっさり見つかり、囲いの中をのぞくと、ビアガーデンになっている。
中に入ると、おあつらえ向きにステージかぶりつきのテーブルが空いている。
席料代わりに、注文しようとすると、いきなり、サオビア(店員)から、
「あんた、何でこんなところにいるのよ?」

(はあ?なんでって、近所だから、来たわけで。
っていうか、お前だれや?いきなり言われる筋合いないわ!)
続けて聞いていると、
いわく、「あんたバンコクの人でしょう。ラムカムヘン2でよく見たわよ。」
ここで、ようやく、記憶シナプスが繋がった。
たしかに、見たことある。
「いやいや、今はこっちに住んでんの。」

前置きが長くなりましたが、ブルーベリーです。

カメラを向けると、ポーズを決めてくれるオーム。愛い奴です。

リーダー格 ボーです。大体、彼女が最初にこちらに気づいてくれます。

彼女には、いじられます。
日本人ファンのTommyが来ています。どこにでもいるんです。ナーラックマーク
ったく、そんな事言われる筋合い。。。。あるか。


出だしの合いの手、「アム」と「レモン?」の意味が知りたい。


しかし、ヌーレックは、なんで、こんな気の抜けた歌い方するんだろう。
本当は、凄く上手いのに。
気合が空回りするルークターンと足して、二で割るとちょうどいいかもしれません。


1時間ばかりですが、歌と踊りの至福の時間を楽しんで、予算は280B(ビール 180B、入場料100B)

つくづく、ルークトゥンファンでよかった。

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: | 10件のコメント

【ラヨーン】バイトゥーイ復活

2012年11月6日
バイトゥーイの撮影中の事故の報を見て、驚き、心配していた人は、少なからずいるのではないでしょうか?
Rsiamルークトゥンフェスには、椅子に座って登場。
その後、INSTAGRAMなどで、写真を見ても、やはり、この目で確かめたいのです。
それが、現地にいる者の勤めでもあると、自負してます。
チョンブリ県ノーンヤイ郡クローンプル村の祭りに行ってきました。
それって、どこ?ほとんどの人は、聞いたこともないでしょう。
僕も同じです。調べました。

大きな地図で見る
そう、意外に、僕の住むところから、近いのです。
早く着きすぎたので、ぶらぶらしていたら、面白いものをみつけました。
コレが本当のラムウォン?

20時過ぎには、バイトゥーイ登場。まずは、主催者側の人間と記念撮影。

間隙を抜いて、目線をくれるバイトゥーイ
さて、重要なのは、回復具合。
これが、初生「チェットレーウティング(ロックオック)」

ばっちりですね。

さらに、さっそくサモーソンチミ3の曲。
「ไปน่ารักไกล ๆ หน่อย((( 」」

驚くのは、後ろにいた若い女性ファンが、すでに一緒に歌っていること。
いやはや、たいしたもんだ。どっちが?どっちも。
さらに、ただのアイドルではないところもしっかり出してきます。

21時半には、終了。
田舎のライブは、早くていい。
いや、実はこの後、BLACKHEADSだったんだよね。見向きもせずに、帰りました。ハイ
夢に見るなら、やはり、バイトゥーイがいいです。

本人は、これから、サモーソンチミ3のMV収録があるそうで。
ご苦労様です。みなさん、働き者ですね。

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: | 2件のコメント

【ラヨーン】後ろ髪を引かれたが。。。その2

2012年11月4日
メンポーのコンサートが終わると、ほどなく、タンワーの登場です。

おっさん、儲かってまんな。

威風堂々、ギターを抱えて、登場

さて、タンワーについて、語ろうと思ったが、ネタが、、、、ない。
曲は好きで彼の声も好きなんだが、かといって、このおっさんのパーソナリティには、興味がない。

メンポーについては、色々書いたんだが。。。

バッテリー切れた。
時計を見れば、23時半
やばい、このおっさん、歌いだすととまらないのだ。
以前、パタヤでは、3時間。これ以上いると、寝る時間がなくなる。
再び、後ろ髪を引かれたが、会場を後にした。
挨拶もなしに、帰ってごめんよ。タンワー

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: | 2件のコメント

【ラヨーン】後ろ髪を引かれたが。。。

2012年11月4日
楽しい楽しいFANTV主催グラミーゴールド所属歌手多数出演のスポーツパーティを途中で、切り上げました。
後ろ髪は引かれましたが、ラヨーンまでは遠い。
しかし、最後までいると、何時までかかるかわからない。歌手は、20人以上いるのだ。
断腸の思いで、バンカピを後にしました。
転んでもただではおきない。
チョンブリー県ノーンヤイ郡でのメンポー&タンワーを見よう。
ここなら、近い。
Rsiam移籍後のメンポーライブを見るのは、初めて。

なんとなく、雰囲気がゆるい。
ノッポンでは、やはり、一人で背負っているというプレッシャーがあったのでしょうか。
いい意味で隙がなかった。
やはり、気になるのは、専属ダンサーがいなくなったので、どうなるのか。
メンポーは、ダンサーとの息の会ったパフォーマンスが身上
Rsiamシングル第一弾 センバイヤーで登場

新しいチームですが、かなりいい線いっているんじゃないでしょうか。
後は、場数を踏むだけというきがします。
さすがは、メンポー。ツボは、はずしません。

なにが、ゆるくなったかというと、Vをごらんいただければ、わかりますが、以前は、こんなに客に絡まなかったのだ。
ビシッとダンスを決めことを優先していた。
たとえるなら、ターイ・オラタイ方式から、ルークターン方式に変わったというところか。
わかる人には、わかる例えです。

ノッポン時代の歌も歌うので、円満解消なのでしょう。

なんせ、キャリアは、10年以上。引き出しは多いですわ。
あとは、新曲に恵まれるだけでしょう。
センバイヤーも悪くないですが、ゆっくりした曲も歌って欲しいですね。
ライブでは、スティリング曲なんかもいれて、いい意味でメンポースタイルを崩していって欲しいです。
彼女も万能型の歌手ですから。

でも、この崩し方は、どうかなあ。
定番のオカマコーナーなんですが。

最後は、キメてくれました。

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: | 2件のコメント

万能型と職人型

2012年11月3日
ルークトゥン歌手には、万能型と職人型がいるような気がする。
万能型とは、なんでも歌うタイプである。
速い曲、遅い曲、ジャンルもなんでもありなタイプで、その最高峰にいるのが、クラテーだと思っている。
これに対し、職人型は、一定の型を持っていて、その型の中で、突出した能力を示すタイプ。
その典型が、ターイ・オラタイだと思う。
タカテーンは、万能のようだが、職人型だろう。ただ、型は、ターイより多く持っている。
インも職人型。スローな曲なら、べらぼうに上手いのだが、速いと普通になってしまう。
パオ、バイトゥーイは、万能型
こんな風に、仕分けすること自体が、楽しかったりする。
Tommy流ルークトゥン考でした。

この日、見に行ったのは、Rsiamのゴット姉ちゃん、シア・ナパットでした。

自分の歌は、プアチーウィット

もう一本

ルークトゥンポップ

うーん、歌えばいいってもんじゃ。。。
トーチッって、想像してしまった。
シアが奥さんで頻繁に電話してくるところを。怖っ

極めつけは、モーラム
脇で休憩していたら、いきなりコレが始まった。映像の方は、シアのセクシーなシースルーをお楽しみください。

やりたい放題です。
シアは、プアチーウィットとロックテーストのある曲がいいと思います。

彼女の場合、万能型というより、ホント何でもありなのだ。
とにかく、何でも歌う。

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: | 4件のコメント

Rsiam Lukthung Festival 2 その5

2012年10月27日
プアチーウィット軍団トップは、タンワー・ラシタヌー

いかついぞ。

相棒は、ポット・スワナパン

暑苦しいぞ。

来年もこの二人でプアチーウィット系の賞は、総なめでしょう。


ヌイ・スウィナーとルアンガイ
結構、いいコンビだと思います。

大ラスを決める、コンビは、
ビウ・ガラヤニーと、

バウイー

最後は、全員出てきてご挨拶。

全員一枚に収めると、こんな風になってしまいます。

紹介できなかった歌手も多いです。
これだけ多くの歌手と会えて、実際に間近で触れ合うことができて、「無料」です。
かかるのは、交通費のみ。
来年こそは、ぜひとも、タイにいらしゃってください。
                        終わり

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: , , , , , | 5件のコメント

Rsiam Lukthung Festival 2 その4

2012年10月27日

続きです。
ウェスパーです。

今や、Rsiam随一のヒットメーカー

彼の相手役は、ミラクルフォーティ キャット・ラタカーン

フェスティバルだけの特別ユニット ウェスパー&キャット

ウェスパーは、キャットをだまして、チューしやがった。
このあたりの模様は、発売されるVで見てください。
ものの見事に、シャッターチャンスを逃してしまいました。

インちゃんです。

アソンカイが、絶好調です。来年のFM95アワードのノミネートは、確実。
FM95でグラミー勢以外が、長く一位を占めるのは、中々ないのです。
相手役は、ヌーミター

そして、みなさん、大変長らくお待たせしました。
サモーソンチミ3です。

うーん、動画がないと、寂しいですね。
ここは、この日のために、来タイした、たいまったりさんの動画を借りておきましょう。

うーん、困りましたね。これじゃ、KAMIKAZEと変わらん。
振付は、一夜漬けだから、仕方ないんですが。
シングル第二弾(出るのかな?)に期待しましょう。

本当は、ここにバイトゥーイが入るのですが、撮影中の事故で、足を負傷。
座っての独唱です。

事情を知らなければ、こういう演出かと思ってしまいますよね。

サモーソンチミ卒業のブルーベリーは、民族衣装での踊り

の後、引っ込んだので、えっ!歌わないのと思いましたが、早着替えして、また浮上

アイドル組のトリは、もちろん、クラテー

この後は、プアチーウィット軍団。
ちょっと、暑苦しいので、ここらで切ります。
                         まだまだまだ続く

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: , , , , , | 4件のコメント

Rsiam Lukthung Festival 2 その3

2012年10月27日
続きです。
昨年トリを勤めたポーンランサオーン
今回は、トップで登場。と、見ていると、イートの声はするけど、ステージにいない。

客席に潜んでいたようです。
一気に盛り上がる客席。
続いて、移籍組の大物 メンポーです。


リケー姿で登場のクン&ウィラダー

この後、Rsiamの少々ショボイ イサーン軍団と思ったら、

移籍組 メーン・マニワン 実はまともに聴くのは、今回初めて。
コレがなかなかいいんです。やっと、Rsiamにもビシっとしたルークトゥンイサーンの軸が出来た感じ。
ヒットしてます。
เอาหยังเฮ็ดใจ


左から、エーポチャナー、サヌック・シンマート、メーン・マニワン
イサーンおじさん軍団。
今だに、サヌックがなんで人気あるのかわかりません。
そして、イサーン軍団のトリは、もちろん、あの方
テンモーテンモーテンモー♪

チンタラー・プンラープ
やはり、存在感が違います。
しかし、Rsiamのイサーン組って、外様ばっかり。

                           まだまだ続く

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | 8件のコメント

Rsiam Lukthung Festival 2 その2

2012年10月27日
前回の続きです。

このイベントですが、昨年同様、おおよそ9時間、入場開始からだと、12時間のイベントです。
最初から最後まで見ようとすると、とても体力がいります。
なんせ、炎天下です。座ってみていると、プラスチックの椅子は、すぐお尻が痛くなります。
お気に入りの歌手が出ていないときは、席を離れ、涼を求めたり、ブラブラしたりすることをお勧めします。
かくいう僕ですが、今回は、ラヨーンから3時間運転して、たどり着いたので、着いたころには、すでに電池切れ寸前でした。
位置取りもよくなかったので、僕の安物ビデオでは、あまりいい画像が取れません。
なので、写真で出場歌手を紹介していきます。


南部のセクシークイーン アイスです。
結構好きなので、もうちょっと売れてくれると、全国区になるのですが、今は、南部中心です。

南部ラインが続きます。美人で歌も上手いサーイ・ナワロンです。

フィルム・ナリンティップです。先日は、ご馳走様でした。
しかし、ヤンキー姉ちゃんを通り越して、実写ヒーロー物の美人悪役みたいな雰囲気ですな。

Rsiamのゴッド姉ちゃん シア・ナパット
なお、今後は、エーシアと呼びません。なぜなら、エー(男性)がエーリオとして、ソロデビューしたので。

中盤の締めは、ウィット・ハイパー
+
すいません。男子担当じゃないので、こんな○○原人みたいな写真しか撮れてません。

この後、いよいよ、後半の本番開始。
その前に、カーニバルと称して、歌手たちの行進がありました。

さて、貴方は、何人わかりますか?

                  まだ続く

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | タグ: , , | 3件のコメント

Rsiam Lukthung Festival 2

2012年10月27日
パフォーヨーティン通りにあるモータースポーツランドで、Rsiam主催のルークトゥンフェスティバル(以下 RLF) 2が開催されました。

ライブ報告をと思いましたが、今年は、夕方(後半)からの参戦になってしまい、また、そむちゃい先生のブログにて、詳細なライブ報告をされておられますし、後日VCDなりDVDなりが発売されるでしょうから、こちらでは、別の視点で、このイベントを報告していきます。
(ただの手抜きという話もありますが。。。)

個人的に、気になったのことをいくつか、指摘しますと、
1.昨年より、出店が少ない。会場が広くなった分、余計少なく感じます。
2.昨年より、歌手が少ない。ポー・パリチャート、プレーム、ラッカレムなど見かけませんでした。
昨年のラインナップです。

3.新顔が多い。
これは、この1年のRsiamのすさまじいまでの人員強化から、来ていると思われます。
ざっと並べると、メンポー、ポット・スワナパン、メーン・マニワン、ピョウピョウ、ウム・ガシヤー、イム、その他
ベテラン、新人問わず、大量補強です。他のレーベルと比較すると、コレはもう歴然。

ともあれ、たくさんの歌手と直に触れ合うチャンスでもあり、来年こそはと、考える人も多いのではないでしょうか?
そんな人のために、Tommy流 RLFの楽しみ方をお伝えしましょう。
会場には、早めに到着し、席を確保(折り畳み傘がよい)。
歌手の出店を回りましょう。

お目当ての歌手の店で、買い物をしましょう。
2ショット写真もサインも気軽に応じてくれますので、遠慮なく。

ブルーベリーの店は、シャーベットの店。
ちょっと、疲れてきたときには、甘いものがいいです。

僕は、もちろん、ブルーベリーのシャーベットです。トッピングにストロベリー


なんで、この三人なんだ?


希望のサイズがなかったので、買わなかったため、教育的指導を受けています。

こんな感じで、出店を散策するだけでも、楽しいものです。
最後に、クラテーウルトラカルトクイズ
この女性は、誰でしょう。

ヒントその1 クラテーの店にいました。
ヒントその2 アルバムを出したことがあります。
わかるかな。クラテーのファンなら、一度は見たことがあるはず。
なお、そむちゃい先生、kenchanrui先生及びその場にいた人は、回答権を認めませんので、あしからず。

ずばり、あたった人には、何か差し上げます。ただし、タイで。

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン | 8件のコメント