第1回「サルでもわかるタイ語の読み方」

【サルでもわかるタイ語の読み方】

音楽関連を新ブログ「チャイヨープレーンタイ」に移行しましたので、本ブログは、これといったネタがありません。
かといって、あんまり更新しないのもさびしいので、Tommy流 【サルでもわかるタイ語の読み方】
と題して、初級者向けの講座でもやってみようということにしました。(単なるヒマつぶしかも)
人に教えるためには、自分がしっかりわかっていないといけない。
つまり、これを書くことで、自分のタイ語基礎力を充実させようという、利己心によるものです。
初級者向けにするのは、僕がたいしたタイ語力がないからです。

上級者の方は、温かく見守るだけにして、細かいツッコミは、ご遠慮ください。
あきらかな間違いがありましたら、ご指摘いただければ、幸いです。

【対象】
・大体、日常の会話は、出来る人。でも、全然読めない人

第1回 声調なし子音と長母音に挑戦

タイ語を話せる人は、みんな知っていることですが、タイ語には、声調があります。
実は、声調は、文字で表せるのです。
ですから、タイ文字を読めば、声調もわかるわけです。
声調を表しているのは、「声調記号」といいます。また、子音そのものが、声調を持っている場合もあります。

ここでは、
「子音には、声調のあるものとないものがあって、声調記号をつけて、声調を変化させる」
ということだけ、おさえておいてください。

今回は、声調がない子音と長母音をセットで覚えてしまおうということです。
「声調なし」といっても、平声(第一声調、上がったり下がったりしない声調のことです。)はあります。
これに記号をつけて、変化させていくんですけど、それは、後回し。
ここで覚える子音は、7つです。
ก (k) จ (cまたはj) ฎ (d) ฏ (t) ด (d) ต (t) บ (b) ป (p) อ (o*)

あれ?9つある。
ฎ (d) ฏ (t) 
この二つなんですが、忘れちゃいましょう。めったに出てこないので。
タイ語にも、発音記号なるものがあるんですが、そんなのまで覚えるのは、面倒なので、使ってません。
子音だけだと、発音のしようがありませんので、母音のうち、よく使う長母音も覚えてしまおう。アイウエオにあわせて、อ
を使ってみましょう。

1.  อา  
aa  日本語の「アー」と同じ
2. อี
ii  日本語の「イー」と同じ
3. อู
uu  口をすぼめて「ウー」と発音
4. อื
ww  「イ」の口の形で「ウー」と発音
5. เอ
ee  日本語の「エー」と同じ
6. แอ
ae「ア」の口の形で「エー」と発音
7. โอ
oo  口をすぼめて「オー」と発音
8. ออ  
or  口を大きく開いて「オー」と発音する
9. เออ  
oe「ア」と「ウ」の中間の音 (日本語の「ウー」に近い)

กี กื กู เก แก โก กอ เกอ
7子音 9母音 63パターンになります。日本にない母音は、タイ人に発音してもらって覚えてください。

とりあえず、今日はここまで、1週間くらいたったら、また続きを書こうと思います。

カテゴリー: 暮らし   パーマリンク

第1回「サルでもわかるタイ語の読み方」 への8件のコメント

  1. たいまったり より:

    ありがたや!

  2. ナムケン より:

    おお、わざわざ僕のために?って感じです。
    タイトルのサルでも云々って表現が、少し引っ掛かりますけど。

    完結後、単行本にして出版する予定は?
    少なくとも、僕は買いますよ。
    でも、それはそれで時間が掛かりそうだから、
    今は都度プリントアウトして、活用させて頂きます。

  3. Tommy より:

    たいまったりさん
    進度おそいですよ。
    それに、厄介な例外は、多分やりません。
    半分も読めるようになったら、終了です。

  4. 小野マンジュウ より:

    僕もタイ語分かりませんが、勉強します。

  5. Tommy より:

    ナムケンさん
    昔、サルでもわかるなんとかって、シリーズの教本があって、それをパクリました。
    単行本は、出ません。
    内容が薄いから、数ページで、終わっちゃいます。
    教科書とか読んでいると、難しいなと思います。
    ある程度読めるようになって、歌詞など読むと、大体意味がわかる。
    そのあたりまでしか、やりません。

  6. Tommy より:

    小野まんじゅうさん
    ご冗談を、
    あんなに、タイカラオケ歌えているじゃないですか。

  7. Eddie より:

    進度ゆっくりは、助かります。

  8. Tommy より:

    Eddieさん
    Facebookに書き込みできるような人は、対象じゃないですよ。
    FBでタイ人とバリバリやり取りして、さらに磨きをかけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>