M150 X2 スーパールークトゥンショー その2

2012年8月18日

後半戦は、ベテラン陣の出番です。
まずは、フォン姫

エレガントですね。

スタッフにビデオ撮りを止めるように言われ、途中で切れています。

今や、グラミーのプアチーウィット系の主軸でしょうか?チェム・チェムラム

この後、ここまで登場した女性陣で、プンプアンカバー。
なのですが、寂しいですが、動画はありません。DVDで見てください。
最初に登場したのは、ゲスト マイ チャルンプラ


パオちゃん三度登場


フォン姫です。


タカテーンです。


ラチャノックです。

プンプアンコーナー ラストは、ウーン

衣装が、なんかエロイっす。僕は大好きですけど。こういうの。

第三部に突入、マイク兄貴の登場

マイク兄貴には、ゲストがないのか???

ルークトゥンの大きなコンサートには、タロック(お笑い)が付き物。
ということで、その方面の大物 トゥッギー

観客の歓声が一番大きかったのが、トゥッギー。
タロックは、強い。
マイク兄貴にゲストがないのかと思ったら、着替えて登場

マイク兄貴、結構ノリノリでやっていた。

この後、ターイが出てきて、得意の早着替えパフォーマンス。

1曲歌って、姿を消したかと思うと、

その間、わずか20秒くらいか。凄すぎる。
DVD買ったら、測ってみて欲しい。

またも身を隠して、

決めのポーズは、これだ。


シリポン登場。
ゲストは。。。
なんと、クレジットには、なかったトゥーンが登場

シリポンも知らなかったようだ。
これには、思わずビデオを撮らずには、いられなかった。
少々、カメラで撮ったので、少々音・画質ともによくない。

ラストは、パイ・ポンサトン

お相手は、パンケーキ

縁もゆかりもない二人のはずだが。。。

フィナーレは、全員で。

Tommyが独断で選んでみました。
敢闘賞・・・パオ・パオワリー
技能賞・・・ターイ・オラタイ
殊勲賞・・・アイス・サランユー

カテゴリー: タイポップス, モーラム・ルークトゥン   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

M150 X2 スーパールークトゥンショー その2 への6件のコメント

  1. UZ より:

    このコンサートで大ファンになったのは、ターイですね。DVDで見るより数段美人で、民族楽器のモダンな使用法と独特のスタイル、完成されたステージ構成など、細やかな動作と共に惚れました。
    トゥッギーはさすが!見ている人を飽きさせませんね。フォンは本当に姫と言いたくなる正統派美人。あ、歌もいいですけど。
    大満足の長くて寒い(後半)4時間でした。

  2. soihiro より:

    見たかった!!!! 残念です!

  3. アジア書林 より:

    Tommyさんへ
    トゥーン兄貴、やってくれましたね!
    シリポーン姉さんとのコンビまじで最高です。
    Bodyslamの歴史的名盤アルバム『Kraam』を
    最初に聴いた時の、あの衝撃が蘇ってきました。
    「คิดฮอด(Kid hord)」は、何回聴いてもいい曲...
    音・映像の乱れが、逆の意味で“Rock”だっ!
    ああ~ナマで観たかった!!

  4. Tommy より:

    UZさん
    ターイは、いつもと同じものを凝縮してみせてくれました。
    いつもは、ケーンなどは、見せ掛けだけですが、この日は、実際に奏者がいましたし、ダンサーの数も多く、
    衣装換えは、毎度のことですが、今回の早着替えは、すばらしかった。

    トゥッギーは、意外にブサイクじゃなかったなという印象です。

    フォンは、普通すぎて、イマイチでした。

  5. Tommy より:

    Soihiroさん
    DVDが出ると思います。それでお楽しみください。

  6. Tommy より:

    アジア書林さん
    音は、ともかく、映像は、カメラがよくないせいなので、ご勘弁を。
    本来、禁止なので。
    あまり、無視すると、追い出される。

    10/4~7のGMM Wonderland も凄いですよ。
    4日間、インパクトで、2ステージ
    GMMグループ、総出演です。スティリング、ルークトゥン関係なくでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>