クラテー VS バイトゥーイ

2012年7月17日
いよいよ、戦いの火蓋は、切られました。
先手、バイトゥーイの登場です。

場に馴染み過ぎだ~~。
衣装は、当然パブ用戦闘服。
本来なら、クラクラとなるところですが、散々本職コヨーテたちに、目を慣らされたせいか、あんまり刺激がない。

こういう攻撃も二度目じゃ、それほど利かないぞ。
 
接近して、攻撃されても、僕には、利きませんから。
密着攻撃に慣れてるぞ。

ふと、思いました。これでいいのか?と。
確かに、バイトゥーイ自身のパブ対策として、この営業スタイルは、正しい。
パブの営業は、これからも増えるでしょう。
しかし、ルークトゥン歌手の高級クラブ侵略とは、ちがうのではないか?
かつて、プンプアンがディシタニホテルで、コンサートをしたときに、自分のスタイルを変えたか?否!
なんか、違う。その答えをクラテーは、教えてくれました。
いつも通りのスポーティな衣装に身を包み、

いつも通りの妹クラターイとの漫才をし、

いつも通りのキレのあるダンス

この日は、他人の曲は、封印し、すべて自らの曲で勝負。
一切の妥協も迎合もなく、徹底的に自らのスタイルにこだわったのです。
おそらく、すべての勝負事に必要なもの、それは、平常心。
努力と経験を積み重ねたゆるぎない自信。

僕の心も洗われました。
本日の勝者は、クラテーとします。

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クラテー VS バイトゥーイ への4件のコメント

  1. ビリー より:

    本来なら、クラクラとなるところですが、散々本職コヨーテたちに、目を慣らされたせいか、あんまり刺激がない。

    爆笑です。

    だって、大ファンのとみーさんが、
    びりーと同じ意見なんだもん。

  2. Tommy より:

    ビリーさん
    ビリーさんとは、過程が違うような気がしますが。
    コヨーテがいなくても、刺激がないんじゃないでしょうか。
    ナットおじさんがこの格好で出てきた方が、刺激があるのでは?

  3. soihiro より:

    やはりクラテーの勝ち!

    キャリアも違うけど、やはりどんな場所でも自分のスタイルを貫き通す!

    これがプロだ!

    (でもね、バイトゥーイも可愛いよ・・・、おじさんは両方好きです) へへへ

  4. Tommy より:

    soihiroさん
    僕も、どちらも好きですよ。
    個人的には、トップ2の対決だと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>