スーパースターに会って来た。

2012年6月20日
エカマイ-ラムイントラのCrystal Digital Centerで行われたSIAM DARA AWARD 2012に行ってきました。
誰がどの賞をとったかの詳細は、そむちゃい先生に譲るとして(唯の手抜きともいう)、僕の方は、ファン目線でリポートしたいと思います。
一応、タイ語は、こちら
とにかく、いるわいるわ、スターたちが。
といっても、俳優とかは、ほとんど知らないので、綺麗なお姉さんとか、カッコいいお兄さんとしか、わかりません。
まずは、ルークトゥン部門の受賞者たち

左から、チェム・チェンラム、タカテーン・チョラダー、ターイ・オラタイ、パイ・ポンサトン、パオワリー・ポンピモンのGMM軍団

 
クリスティ・ギブソンとエカラート・スワナプーム

授賞式の間に、少しだけGMM軍団が歌ってくれました。プンプアン追悼20年ということで、

ターイが歌うと、悲しい歌がさらに、悲しく聞こえてくる。

目頭が熱くなった後は、ご陽気に参りましょう。

パオちゃん、可愛いです。


タカテーンです。自分の歌より、上手い!?
実は、この日、受賞式に立つまで、わかりませんでした。

なお、パイとチェムもプンプアンの曲を歌いましたが、気持ち悪いので、載せません。
残念ながら、われらがスティダーは、ノミネートのみで受賞なし。

でも、笑顔でVサイン
パオは、リベンジです。これで、パオVSイムは、一勝一敗。
いや、クワーマイクコンテストも入れると、パオの二勝一敗か。
この同世代ライバル、今後も切磋琢磨して欲しい。
明日のルークトゥンも明るいぞ。

さらに、プレーンタイサコン(スティリング)側の女性歌手受賞は、パーミー。

男性歌手は、あの人。タイトルのスーパースターとは、この人のこと。
タイ人なら、誰もが知っている、業界の重鎮、大物中の大物。
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓

P-バード トンチャイ・メッキンタイ
タイ音楽ファンなら、この人を知らない人はいないでしょう。
僕は、初めて生で見たので、ちょっと感動してしまった。
やっぱ、かっこいい。5?才って、宇宙人ですよ。この人は。

【おまけ】こんな人も来ていた。
(名前なしは、知らないので、どなたか教えてください。)
クリーム・ティーチャーチャー

No.1 

No.2 

No.3 

No.4 

No.5 

No.6 

カテゴリー: タイポップス, モーラム・ルークトゥン   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

スーパースターに会って来た。 への16件のコメント

  1. アジア書林 より:

    Tommyさんへ
    いやあ~それにしても豪華なイベントですね!
    まさか、普段着で行ったんじゃないでしょうね~555??
    GMMルークトゥン軍団だけでも大満足なのに、
    イムちゃん、パーミー姉さん、バード兄貴ですか...
    そのほか、キレイなコンパニオン系のおねえちゃんもいっぱい!
    個人的には、こぎれいな、No.6が、好みかな...。
    もう、現場にいたら、おっ倒れそうな感じですね。
    マジで、行きたかったわあ~~~!くやしい~~~!
    ナマで、プンプアン・メロディー聴きたかったわあ~~~
    タカテーンとターイは、もはや、人間国宝・決定ですね!
    パオvsイムは、これからも永遠のライバルですね。
    しかし、バード兄貴、マジで変わらないねぇ~若いわぁ~
    ああ~バンコクに居るTommyさんが羨ましいです!!

  2. Tommy より:

    アジア書林さん
    下は、スラックスですが、普段着です。
    セクシークィーンのアムもいたんですが、写真が撮れなかったんです。

    バード兄貴?
    バードおばさんか、姉さんでは?

    もっと、女優の名前を勉強しないといけませんね。
    日頃の勉強不足を痛感してます。

  3. アジア書林 より:

    Tommyさんへ
    アムって、あの、アム・パチャラパーですか?
    セミヌード・グラビア持ってるんで、
    サインして欲しかったなあ~
    2月に、ラチャダーのsnopで見ましたが、
    凄いきれいでしたよねえ~~~
    セクシー系のきれいどこも大集合してたんですね!
    ああ~出るはため息のみ~羨ましさ120%です!

  4. Tommy より:

    アジア書林さん
    ええ、そのエロいアムです。
    綺麗なんでしょうが、タイプじゃないんです。
    Siamdaraですから、ウェブに出てくる有名どころが、いっぱいです。

    7月ですが、雨が怖いです。
    よく中止になります。

  5. Eddie より:

    はい、目頭熱くさせて頂きました。
    いつも有難うございます。

  6. Tommy より:

    Eddieさん
    どういたしまして。

  7. soihiro より:

    凄い面子ですね!

    これだけのダラーに一度に会えるなんて、おそらく一生に一度有るか無いか!!

    Tommyは既に、その一回を使っちゃいましたね!

  8. Tommy より:

    Soihiroさん
    タイにいれば、これからも機会は、あるでしょう。

  9. ワタナ より:

    なんだ口パクじゃん。歌詞覚えられないのかな。拓郎みたい。

  10. Tommy より:

    ワタナさん
    そんなわけないでしょう。
    自分の歌より、回数多く歌っているのだから。
    テレビ収録が入ると、よくあります。
    ルークトゥンの前には、プレーンタイサコンの歌手もいたので、生にすると。。。

    プンプアンが覚えられないのは、本当だと思います。
    文盲の上に、16年の歌手生活で、2,000曲以上らしいですから、100曲/年以上、異常ペース。

    ちなみに、僕は、一曲もまともに覚えておらず、カラオケでないと、歌えません。

  11. ワタナ より:

    トミーさん タカテーンとターイは口ぱくです。PCとCDをイントロから同時にスタートし音出ししてチェックしたので間違いありません。しかしクリームさんは巨乳ですね。NO.6の人はモデルかな?

  12. suzuki より:

    No.6に1票。好みです。

  13. たいまったり より:

    タカテーンのライブは6回見て全部ビデオ撮り、お顔のアップを何回もよ~く見てます。今画面で確認してますが、3/11.12のゴットショーのビヨンセ・タカテーンだけ口ぱくのようです。その2曲目イントロでワンテンポ早く歌い出したのに場内には音声出てません。すぐに修正して口を合わせてましたが、あんな激しい踊りで、いつものと違うリズムの曲では仕方ないでしょうね。二日目は今度は逆にマイクを口に運ぶのが遅れかけでした。それ以外の彼女のライブは、時に観客席にマイク振ったり、CD販売したりするとき声は途切れますし、喉の具合もよく分かりますのでナマ声ですね。
    ターイはあんな華奢な体ですが、6回見た内、昨年の7Cコンサートの時のビデオを見ると何箇所かおやっと思うところあります。口ぱくかもです(はい、それで大いに結構です)。ゴット・ショーもそうかも知れませんが、ぴたり合ってます。他の寺ライブなどはその時々の声質が違うようでナマでしょう。
    音源は多チャンネル持ってきてるから、自信ない歌手は口ぱくを指示されるかも。
    音源は基本CDと同じでしょうから、時間はぴったりの筈ですね。
    それにしてもビデオ見てて、マイク最初から電源入ってないマイクだとか、ハウリング派手に始まり交換とか、途中切れて客席にノーマイクで歌ったりとか、リクエストでアカペラ出たり、観客の興奮と一体化されたり、寺祭りライブは楽しい!
    7/21-29は全部見るぞ。もちろんビデオ持って一番前に.

  14. Tommy より:

    ワタナさん
    「そんなわけないでしょう。」は、歌詞を覚えらないことに対するものです。
    口パクがどうかは、それぞれ事情によるもので、あまり気にしたことありません。
    目の前に本人がいるし、実際、生で歌っても、十二分に上手い人たちですから。

    それにしても、マメですね。
    わざわざ、チェックするなんて。

  15. Tommy より:

    suzukiさん
    そういう趣旨ではありません。名前がわからないので、教えて欲しい。
    って、ことで、番号振ってます。

  16. Tommy より:

    たいまったりさん
    7Cコンサートは、口パクが多いです。
    テレビ中継で、しかも生放送ってことで、そうなってるんでしょう。

    ターイ、タカテーンクラスの歌手の場合、目をつぶって聞くと、僕にはわかりません。生で歌っているのに、CD聞いているみたいな気分になります。

    スティリングの歌手(誰とか言えませんが)は、生だとすぐわかります。
    なぜなら、しっかり音をはずしてくれるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>