洪水に負けない人もいるのだ。

2011年10月22日

ウェーティタイのあと、バーンケーンに向かった。
洪水は、どの程度なのか、ランシット~ドンムアンには、来ているというニュースがあった。
行ってみると、何にもない。
水などない。ドンムアンは、目と鼻の先なのに。
情報ばかりが、先走って、実態がわからないというのが、正直なところだ。

お目当ては、メンポー・チョンティチャー。久しぶりである。
あまりに久しぶりなので、改めてご紹介しておきましょう。

メンポーは、ノッポンレーベルのトップ歌手であり、キャリア10年超のベテランルークトゥン歌手だ。
美人で、歌がうまく、ダンスもうまい、非の打ち所のない歌手なのだ。
ダンサーたちはお抱えで、レベルが非常に高い。ライブで見てほしい歌手である。
ただし、MVは、かなりショボイ作りになっているので、期待しない方がいい。
いや、ミュージックビデオというより、単なるカラオケだから、メンポーとダンサーが踊りながら歌っているだけだ。

追っかけているアイドルたちを別にすれば、お気に入りの歌手の一人だ。
いきなり、しっとりした曲で登場。

これには、びっくり。 

ステージ上のMCでは、客に洪水はどうかと聞いたりしていたが、実は本人が、かなりの被害者だったりする。

彼女は、アユタヤに家を持っている。これが水没。
ノンタブリーにも家があり、こちらに避難したら、ここが水没。
このあと、チョンブリーの兄弟の家に避難するらしい。

二曲めからは、メンポーワールド

やっぱ、これでないとね。

それにしても、自分の家が、沈んでも、ステージに立つ。慰問にも行く。
そして、被害にあった人を勇気付ける。
改めて、尊敬します。

安全なところへ、逃げている自分が悲しくなります。
(自分の意思じゃないので、余計悲しいのだ。)

カテゴリー: モーラム・ルークトゥン   タグ:   この投稿のパーマリンク

洪水に負けない人もいるのだ。 への12件のコメント

  1. ナムケン より:

    超ご無沙汰です。
    会社もアパートも水没してしまい、バンコクの某ホテルに退避中の身です。
    ネット環境が不安定なのですが、今回のメンボーの記事に勇気もらったような気がして、また時々コメントしたいと思います。
    工業団地に避難指示が届いた時は、会社で土嚢積み作業中でした。
    大切なタイソングのVCD50枚も、アパートに残しまま。3Fなので大丈夫だと思いますが、曲を聴きたくなっても聴けない寂しい日々が、まだ当面続きそうです。

  2. Tommy より:

    ナムケンさん
    おー!ご無事で、何よりです。
    ナムケンさんは、生活圏が、まともに被害地域でしたね。
    負けずに、頑張ってください

  3. ワタナ より:

    この人はプンプアンのカバーVCDで好きになりました。私もVCD1持ってますが確かに地味です。

  4. ナムケン より:

    Tommyさん
    ありがとうございます。
    しばらくライブ鑑賞もおあずけですが、情報あれば今後もアップよろしくです。
    条件さえ整えば、行ける機会があるかもしれないので。
    (距離と交通手段的には、むしろ今の滞在場所の方が行きやすいなどと、不謹慎にも思ってしまう自分がいます…)

  5. あまりん より:

    >自分の家が、沈んでも、ステージに立つ。慰問にも行く。
    >そして、被害にあった人を勇気付ける。
    >改めて、尊敬します。

    本当にタイ人のこういう所、尊敬します。
    うちの職場でも多くの人がバンブアトンに住んでいて私だったら仕事にならないぐらいの気分になると思うのに・・・全く泣き言言わずに他人を労う余裕がある。
    あー、泣けます、こういうタイ人の懐の大きいところ・・・。

  6. Tommy より:

    ワタナさん
    地味というより、安作りです。

  7. Tommy より:

    ナムケンさん
    僕も軟禁生活なので、いつ、社会復帰出来るかわかりません

  8. Tommy より:

    あまりんさん
    うーん、それにひきかえ、ウチの日本人ときたら。。。

  9. Sawadeeウーバイ より:

    Tommyさん、こんばんは。
    軟禁生活(?)の中、ライブレポートお疲れ様です。
    今年も11/5-11/13で訪タイ(バンコク-チェンマイ)を計画し、
    TGを予約していたのですが、
    タイ中部の洪水のため、やむなくTGをキャンセルし、
    大韓航空でソウル(11/5-7)-チェンマイ(11/7-11)を予約しました。
    Tommyさんと再会できないのが残念です。
    次回バンコクに行った折には 是非またお付き合いくださいね。

  10. Eddie より:

    メンポーちゃん、お話を聞いてますます好きになりました。
    既にその黒目勝ちの瞳、「パーフェクトコントロール」な声にヤラレてますが。

  11. Tommy より:

    ウーバイさん
    それは、残念。
    ローイカトーンもイベント多いので、楽しめると思います。

  12. Tommy より:

    Eddieさん
    メンポーは、最もあぶらの乗った歌手だと思います。
    バンコクにきたら、Chollys clubに行きましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>