タイで絶対成功する外食産業

タイで、絶対成功する外食産業とは?

ズバリ、ブッフェ形式のタイスキレストランです。

行ったのは、日曜日の16時ころ。
シーコンスクエア 4Fにある、SUKISHI

シーコンスクエアには、ブッフェ形式のタイスキレストランが軒を連ねています。
OISHI、SHABUSHI、HOTPOT、SUKISHI など。
どこも、昼のピークは過ぎたであろう、時間帯なのに、一杯です。
順番待ちの状態。

すぐ隣にある、日本食レストランは、こんな感じ。

サイドディッシュは、中々充実している。
寿司(なんちゃってレベル)、肉じゃが、アジのフライ、餃子、海老のてんぷらなど。
 
鍋の方ですが、スープは、トムヤム味を選びましたが、二週類選べます。
薄味なので、自分の好みに合わせたほうがいい。

ネタは、問題ありです。

野菜の種類が少ない。ちんげん菜、空芯菜、キャベツだけでした。

最大の問題は、値段。295B/人
サイドにせよ、なべにせよ、中途半端なので、お徳感が少ない。

300Bも出せば、MKなり、コカなり、タイスキレストランに行けます。
300Bも出せば、椿屋で、ナンチャッテじゃない、寿司が腹いっぱい食える。

というわけで、この手のタイスキ屋ですが、
なぜ、こんなにはやっているのか、わからないというのが、正直な感想です。

カテゴリー: グルメ   パーマリンク

タイで絶対成功する外食産業 への2件のコメント

  1. あまりん より:

    SUKISHIっていつも並んでるから待ちきれずに結局食べたことないんですが・・・ダメなんだ・・・なんかHOTPOTのビュッフェといい勝負って感じ。でもHOTPOTは鍋が食べたい人にはいいですよ!ゴマダレやポン酢や大根おろしなんかがあるし、豚のシャブシャブ肉があるんで日本の鍋が恋しい時にはオススメです。

  2. Tommy より:

    あまりんさん
    どちらも、なんであんなに流行るか、理解出来ませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>