タイでは、稀有なプロ根性に脱帽しました。

2011年2月12日

ウェーティタイ終了後、ノッポン軍団のコンサートを見に行ってきました。

前日、交通事故を起したメンポー御一行、果たして無事来れるのでしょうか?

いきなり、VIP待遇の裏口入学です。(入場料払わず)
人数多いので、サクサクと行きましょう。

トップは、新人テンモーちゃん。知りません。
14歳、パトゥンタニから来たといってましたが。

ノッポンのWEBサイトにも載ってないし、詳細不明です。
出番が終わると、タロックが出てくる。こいつらが長い。

お次は、ジョブ&ジョイス

ベテランのモーラム女性デュオです。
バンコク周辺では、中々見れません。イサーンがメインなのでしょう。
今回、初めてじっくり見たのですが、いいですね。アルバムを買う気になりました。
どこで売ってるのでしょうか?

そして、またタロックが。。。
はっきりいって長い、ウザイ。もう後ろには、サムサーオがスタンバッているのに。

今日のセミファイナル「サームサオシルバーゴールド」です。

まずは、一人づつ、登場
一番の美人? ヴィー・ジラポンです。歌唱力はありますよ。

つづいて、一番の実力派? オン・オラディーです。

ビリー氏好みの伝統的ルークトゥンをしっとり歌い上げます。

そして、一番可愛いルークパッド・ピムチャノックです。

一番、声量があるし、僕の好きなダンスルークトゥンです。
最近、自分がエクボフェチであることに、気がつきました。

そして、3人で、アルバムが発売されたสวยได้อีก(スワイダイイーク)からです。
現場で100Bで売ってたので、即購入。
もちろん、ジャケットにサインももらったことは、いうまでもない。


元々一人でやっていた実力若手女子のユニットですから、ある意味、ブルーベリーより値打ちはありそうですが、いかんせん、弱小レーベル。
3人だけのコンサートをじっくり見てみたいものです。

舞台裏です。あなたのお気に入りは?

果たして、御大メンポーは来るのか?
前日の事故は、相当大きなものだったようで、死者一名、重症一名。
本人も目じりと足に軽症を負い、ダンサーリーダーも時折胸を押さえつつのパフォーマンスです。

最初は、サングラスで登場。

キツイはずだが、しっかり踊りながら、歌うメンポーに脱帽。まさに、プロ中のプロ
そして、説明をして、サングラスをはずしました。


痛々しい。せっかくの美人が。。。5歳くらい老けて見えます。
いつもに比べ、声に力がないですが、仕方ありません。

事故の翌日であっても、しっかり仕事をこなすメンポー。

本当に頭が下がります。骨折なんかでも、車椅子等で歌ったかもしれません。
タイ人だからといって、マイサバーイの一言で休む人ばかりじゃありません。

一日でも早い回復をお祈りします。

カテゴリー: タイ文化, モーラム・ルークトゥン   タグ:   この投稿のパーマリンク

タイでは、稀有なプロ根性に脱帽しました。 への2件のコメント

  1. kapiraja より:

    これかぁ~、メンポーの例の事故。

    普通、舞台なんか出ませんよ。仕事に穴を開けないようにとはいえ、やっぱりイメージがありますしね。

    しかし、涙がチョチョ切れてしまいますね。ますます、応援したくなります。がんばれ、メンポー!

    ジョブ・ジョイ、僕もVCD欲しい。プラカノンのCD屋では売ってないんですか?

  2. Tommy より:

    kapirajaさん

    まさに細腕繁盛記です。

    ジョブ・ジョイ。プラカノンならあると思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>