タイでビジネスしたいですか?

タイでビジネス

タイでビジネスしたいという日本人が結構います。
僕も日系企業にいるのですが、企業レベルでいえば、多くの企業が進出してきている。
ビジネスするにあたっての、インフラやマーケット規模、右肩上がりの経済など、魅力は十分だ。

しかし、誤解を恐れず、断言しよう。

タイでは、外国人は、ビジネスできない!

なぜか。

「外国人事業規制法」というものがあり、自国民のビジネスを保護しているからだ。
思いつく限りのビジネスが規制対象になっている。

でも、バンコクには、日本人経営の居酒屋とか一杯あるじゃねーか!とツッコム人がいるだろう。
しかし、アレは、日本人がやっているのではない。
会社を作り、51%超の株式をタイ人が持っているので、タイ法人経営の店なのだ。
で、その会社に雇われている日本人マネージャーという建前なのだ。

実際の元手は、日本人が出しているだろうが、建前上は、そうなっている。
だから、パートナーのタイ人(大抵は、奥さんや恋人に名前を借りている)と、日本人の信頼関係がなくなると、全部持っていかれたりする。

抜け穴がある。

それが無理なら、投資委員会(BOI)から投資奨励を受けるのだ。

タイ政府に対し、事業目的や投資規模、予定している雇用など、色々データを提出して、特別の許可をもらうことによって、外国人でもビジネスできるようになる。

政府としては、技術やノウハウをタイに提供してくれて、タイ人の雇用も増やしてくれるなら、許してやろうってことだ。

残念なことに、僕は、信頼できるタイ人も知らないし、タイに提供できる技術やノウハウもないので、サラリーマンをやって、細々と生活しております。

カテゴリー: ビジネス   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>